霊現象

公開日:  最終更新日:2017/03/10

霊の種類

騒霊

騒霊と聞いて知っている!という人はすくないかもしれない。

でも、ポルターガイストという言葉を使えば、あ~知っているという方も多いはず。

ポルターガイストという言葉を知らなくとも、霊の仕業で食器が宙を舞ったり、物が急に動き出したり、さらにはドアーが勝手に空いてしまったり、逆にしまってしまたりという現象と聞けば知っていると言う人も多くなるはず。

映画にもなって紹介されている。

これらの現象を「騒霊」という。世界各地で最も多くの霊障として紹介されている事で有名。

この霊障の原因となってるのは、多くは未成年者の潜在能力から起こっていると言われている。

ちなみに、ラップ音と言われているいきなりピキッと金属音のような音が発せられる現象も騒霊の1つであると言われている。

霊障で悩んでいるという人の中で最も多い相談がこのラップ音。

騒霊が起こりやすいところというのは、霊道がある場所と言われているのです。

霊道というのは、その名もズバリ「霊の通り道」の事。

例えば、この霊道に建てられた家やマンションには、騒霊が起こりやすいと言われているのです。

でも実はこのラップ音に関しては、霊の仕業じゃないことも多い。

筆者の実家もよく「ピシッ」という音がしていた。子供ながらにポルターガイストだと思っていた。でも違った。これは家鳴り(いえなり)という現象。木造家屋特有の現象で、ほぼ全ての家でなる。

原因は木材が乾燥が原因。冬場の夜は特に鳴く事が多い。

木は人間と同じように、呼吸をしている。生きているので、温度差や湿度差で収縮膨張を繰り返す。

その他の建築材料において、温度変化により膨張・収縮を繰り返す。その時に「鳴く」という現象が発生する。

ボルトやナットが温度変化により緩んだり、しまったりする。
音は「コーン、クッ、ギッ、ギュ」など。

午前中は膨張時摩擦音。

夕方から夜が収縮時摩擦音。

あとテレビとか冷蔵庫のプラスティック部分も気温差で大きい音をだす事がある。うちの冷蔵庫もよく鳴っている。

あと屋根裏に猫、イタチ、鳥、蜂の巣の類いが居たケースなどもある。

もしそういう感じだったら、心配は不要。

霊能者本物に出会うには?:業界歴の浅い新米霊能者だからぶっちゃけ解説!

霊現象がおきる場所

製作中です。

電化製品

製作中です。

製作中です。

眠気

製作中です。

白い煙

製作中です。

黒い影

製作中です。

金縛り

製作中です。

人の気配

製作中です。

霊現象 対処法・お祓い

製作中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑