38歳女 奇妙な夢が続き祖母の知り合いに除霊してもらった

公開日:  最終更新日:2019/05/22

こんにちは。私が小学4年生の時の話です。その頃私は、風邪をひいて高熱を出すたびに奇妙な夢を見ていました。

その夢というのは、小さな女の子が出てきます。年齢は4~5歳くらいでしょうか。その女の子が夢にでてきた時点で、熱にうなされている私は嫌な予感がし始めます。

女の子は花を持ってずっと立っているだけなのですが、だんだん周囲に竜巻が発生します。そのまま女の子は竜巻に飲み込まれて飛ばされて行ってしまうのです。

そのあと、像がでていきます。イメージ的には、実物の像というよりは絵本にでてくるような像です。その像は、とにかく大きくて大きくて私の脳裏に収まりきらないような像です。

これだけの内容なのですが、とにかくものすごく不快で苦しくてたまりません。
しかも、高熱が出た時は、毎回必ず全く同じ夢を見るのです。

熱が出て、この夢を見るたびに母親の所に泣きながら行き、「またあの夢を見た。辛い、苦しい。」と言っていました。

見かねた母親が、遠くに住んでいる祖母に相談し、霊能力者?お祓いをする方?…祖母の知り合いの所へ行く事になりました。

その方は1人暮らしをしている小柄なおばあさんでした。小学生だった私の肩を触った途端、「この子の肩は大人の肩をしている!」と言いました。そして肩をバンバンたたかれ、しばらくお祓いをされました。

肩をたたかれたこと以外は覚えていないのですが、帰りに紙で作られた小さな人型を3枚もらいました。

その人型を3日間、枕の下に敷いて寝て最終日の早朝に近くの川に行って流しなさい、と言われました。
私と母はその通りにしました。

すると!実際、それ以降その奇妙な夢を見ることは一度もありませんでした。

また、そのおばあさんには他にも言われたことがあります。
・今住んでいる家を出た方が幸せになれる。今よりもっと遠くへ住む場所を変えた方が良い。

その言葉は特に意識していなかったのですが、その後両親は離婚し、母と共に家を出て、その後進んだ高校も大学も実家からは離れ、現在は父も亡くなり実家も売りに出しています。

除霊・浄霊 霊のおはらい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑