28歳男 結婚に失敗しまくったので除霊を頼んだ

公開日:  最終更新日:2019/05/26

こんにちは、私は28歳のコンビニ店員の男です。

27歳の時に東京23区内で活動する霊能力者に頼んで除霊をしてもらいました。というのも、私は大学卒業以降4人の女性と付き合っていたものの、いつも結婚寸前に破局してしまいました。

どの女性も付き合っていて最後は突然気が触れたように私を攻撃するようになったので、これは霊の仕業かもしれない、普通ならこんな風に女性が豹変するはずがないと不審に思いました。

母が2019年に66歳になり、私も母に孫を見せたいと願っていたため、これは非常にまずいと焦りました。同窓会でも結婚していないため「まだ遊んでいるの?」と心配され、結婚していないことが如何に世間的に好ましくないかを自覚しました。

霊能力者にまず霊視をしてもらったところ、その霊は江戸時代初期に望まない結婚を苦に自殺した10代後半の女性の霊と判明しました。

その霊は私のことが好きで好きでたまらずさまざまな幸運をもたらしてくれると霊能力者は診断しましたが、結婚となると話は別であり何としても付き合っている女性と別れさせようと働き掛けると言っていました。私は早く結婚したいので迷わず「除霊してほしい」と頼み、即日除霊しました。

それから約1年が経過し、私は未だに結婚できていません。その代わり、霊について様々なことを学ぶようになり、その内に生きている人だけでなく霊も大切にしたいと感じるようになりました。

私は女性の霊をもっと大切にすべきだったのだろうか、結婚できないのは私の人としての資質の所為だったのだろうか、と様々なことを思いました。

同時に、「一度除霊してしまった霊とは二度と復縁できない」と霊能力者に言われたことを痛感し、女性の霊には申し訳ないと毎晩寝る前に詫びるようになりました。

もしもこの記事を読んでいる人がいたらの話ですが、除霊は不可逆の行為であること、霊は生きてはいないが意志があることを、どうか分かって下さい。

除霊・浄霊 霊のおはらい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑