53歳女性 家族が不幸過ぎたので霊媒師に生霊を浄霊してもらった事

公開日:  最終更新日:2019/06/04

私は現在50代になる女性です。浄霊をしてもらったのは20代の時ですから30年も前のことになります。どうしてそんな事をしてもらおうという気になったかというと、うちの家族が不幸過ぎたからです。

私は3人兄弟の真ん中ですが上の兄も下の弟も重い知的障害を持って生まれてきて、さらに父は神経症でした。

母はいつも目一杯すぎていて、私にかまうゆとりはありませんでした。
極めつけは私の大学受験の時に父が心臓発作をおこして生死を彷徨ったので、パニックになった母に受験なんかどうでも良いから家のことをしろと無茶を言われて試験を切り上げざるを得ず、志望校に入れる学力があったのに叶わなかった。

こんなに悪いことばかり、何もなくて起こるんだろうか?そう思ったのがきっかけです。
滑り止めの大学には行かせてもらいましたが、やっぱり普通に志望校へ行きたかった私は心が枯れる思いでした。

もうこれ以上悪いことは嫌だと心底思いました。

そこで何か霊的に悪さをする何かがあるのかも?と考えてしまったのです。
その当時はテレビでも霊障を取り上げられることがあったのでその影響もあったと思います。

良く購読していた占い雑誌にのっていた浄霊の先生を訪ねてみることにしました。そこそこ名のある雑誌だったので信頼できるかな?というくらいの気持ちでした。料金は「気持ち」で良いというのもそこを選んだ理由です。

まず電話をして訪ねる日時を決めました。地図を頼りに行くとその場所はマンションの一室で小さく表札が出ているだけでした。何となく不安になりながら中に入ると8畳ほどの畳敷きの部屋が…。

私だけでなく他に二人の方がいらしたと思います。とりあえず先生と二人きりでないことに安心しました。
先生は普通の中年の男性で中肉中背、どちらかというと平凡な印象の方だったと思います。

私の家のこと、何か憑いてませんかと聞いてみました。

先生は家の実家のお墓の場所を聞かれて、そこの住所が書いてある紙を見ながら霊視してくださっているようでした。

でもそこには悪い霊はいないとのこと。
そのあと意外なことを言われました。生霊の気配があると。

驚いた事に、それは…私と母だというのです!

私と母が兄や弟、父を心配しすぎて生霊になって取り憑いていると!予想外でした。私は自分の生霊を払うためにやって来たというおかしなことになりました。でも素人とは恐ろしいもので生霊でも取り憑いているのは良くないということなので祓っていただくことにしました。

先生は私の前に手をかざして心持ち下を向いて念を送っているような仕草をしました。

そうすると不思議なことに自分が後ろへ引っ張られるような感覚がありました。
(何だこれ?!)効果のほどはわかりませんが私は素直に私の生霊が抜けて行くのかなあなどと思っていました。

後ろへひっくり返るんじゃないかと思いましたが、そうなる前に浄霊は終了です。先生は「これで大丈夫、家に帰ったら兄弟に何か変化があるかもしれない」とおっしゃいました。私は謝礼に3千円しか包みませんでしたが他の方は1万円包んでらしたようです。お金を受け取る事務のような方がそうおっしゃっていたので分かりました。

さて、半信半疑。生まれつきの障害がこんなことで多少でも良くなるのかしら?などと思いながら家路につきました。

兄弟はまったくと言って良いほど変わりませんでした!あれから30年経ちますが変わりません!当たり前ですね。これで良くなるようならこの世から障害者はいなくなるでしょう。

ただ、あれからそれほど悪いこともないのでそれは良かったのですが。

私が行った先生はまだ良心的だと思います。効果がなくても3千円なら諦めもつきますし。

正直なところ、ああいうところは占いのように楽しむべきところで『効果』を期待しちゃいけないと思います。故に大金を投じてはいけないと思います。

お金払って効果なくても責任はとってくれませんから。
ただ、あの後ろへ引っ張られるような感覚は確かに不思議だったなぁと思う次第です。

除霊・浄霊 霊のおはらい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑