62歳 男性 霊が見えるので 住職の奥さんに霊視をしてもらいました

公開日:  最終更新日:2019/06/07

私は今62歳になる男性です。妻と長女と1匹の犬と一緒に一軒家に住んでいます。実家は近所に在り姉夫婦と、子供夫婦が住んでいます。両親はもう亡くなりましたが、20代前半まで此の実家に住んでいました。私の結婚を期に家を出ました。

当時父が急に病気になり、右の腕が全く動かなくなってしまったのです。病院に行っても原因は分かりませんでした。

そんな時に近くのお寺で住職の奥さんが霊能力が在り、とてもよく当たると耳にしたのです。私と姉が一緒に連れていかれて住職の奥さんに会いに行きました。小部屋に通されて雑談を父としていました。

すると家の間取りを書いてみてとの事でした。暫くじっと見つめていて「あー、あー、あー辛いね」と一言。

次に父の事をじっと見てから目を閉じて「霊視」をしている様でした。「この家は主人の体と一体になっている」「このへこんでいる処は何ですか」と言う問いに父が「仕事でどうしても使う物の加工に必要で作ってもらった物」と答えていました。

「なんでもいいから塞ぎなさい」「あなたの体を削っているのと同じ事」「体調が悪いでしょ」父がびっくりした顔をしていました。

早速帰ってから大工さんを頼み取り外し可能の壁を作って貰いました。信じられませんが、壁が出来たのと同時に腕も上がり何となく病気も治ってしまったのです。私も一緒に行って見て聞いていたので信じざる終えませんでした。この家は主人の体と同じと聞いていたので何となく気味が悪く思う様になりました。

私も62歳になりました、父は他界してその住職の檀家になりお墓に入っています。最近何だか変な現象に襲われています。それは、処構わず人影が見えるのです、間違いなく人です、多い時は横に2人、前に1人ちょっと離れた処に1人ふっと出て来るのです。

親子2代「霊視」をする事になるとは思っても居ませんでした。私の場合は害を与える霊ではないそうで、体の変化や生活の乱れに注意した方が良いそうです。悪さはしない霊でそのうち出てこなくなるので何もしなくていいとの事でした。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑