29歳女 子供をなかなか授からずいとこの紹介で利用した

公開日:  最終更新日:2019/06/24

こんにちは。私は神奈川出身で3年前に主人と結婚をして九州へ引っ越しをしました。主人のいとこが占いなどが好きで霊視ができる有名な所に一緒に行かない?と言われて言ったのがはじまりでした。

 そのいとこはその方にみてもらってナイジェリアのお母さんの守護霊がついていると言われていました。よくよく話を聞くといとこは幼いときにお父さんが亡くなり、お母さんが女で一つで育ててくれたそうです。

今は実家を出て他県にいることから知らない環境で頑張っているいとこを心配してそのナイジェリアのお母さんの守護霊がついているそうです。いとこが女で一つで育てられたことは事前に話はしていなかったのできっと見えていたのだと思います。

 さて次に私の番。私は24歳で結婚したにも関わらず子供ができずに何年も悩んでいました。不妊治療を九州ではじめたばりでした。

子供ができないのが辛くて辛くて単刀直入に「子供はできますか?」と聞いたら「今空から様子を覗いている子が一人いますよ。」「女の子ですよ」ただただほっとしました。

しかしそれもつかの間「でもお産の時は少し大変みたい。出血多いと思うから気をつけて」その時はお産のことより子供ができるということだけで嬉しくてたまりませんでした。

 実際に不妊治療が進み、無事に妊娠することができました。驚いたことに女の子でした。まあ男か女かは変な話確率は2分の1ですからそんなにビックリはしませんでした。

驚いたのが娘の出産の時です。陣痛がきてまだ余裕のある時に、霊能者さんの話をしました。子供を無事に授かった事、それが女の子と的中した事、お産の出血が多いかもと言われた事…助産師さんは念の為と輸血などの準備をするように指示してくれました。

 そしていよいよ出産。無事に我が子の産声が聞こえほっとしたのもつかの間、バタバタと慌て出す周りのスタッフ。後から聞くと実際に出血1リットル以上の出血で母体が危なくなり輸血をしたとのことでした。

これはもうたまたまとは言い切れない…助産師さんやその霊能者さんに感謝の思いでいっぱいです。

 困って困ってどうしようもない時。誰に相談しても気持ちが晴れないとき。そっと誰かに背中を押して欲しいとき。私はこの霊能者さんに会えて感謝しています。エセ霊能者もたくさんいると思うので選ぶのは難しいかもしれませんが、その方に頼るのも悪くないと思います。

どうか悩んでいる皆様の小さな1歩が踏み出せますように。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑