49歳女性 父が大好きだから 神霊術の先生に霊視してもらった

公開日: 

こんにちは。

不思議な体験が多い49歳女性です。


2年前、父が亡くなりました。

悲しくて寂しくて毎日泣いていました。


霊感が強いせいか家族の中で私だけは父が亡くなって2週間過ぎた頃から父の夢をよくみした。


亡くなっても夢の中でお話ができてとても嬉しかったです。


そんなある日、神様の声をきいてくれる方の噂を耳にし、なんとか紹介して頂きたずねて行きました。


今回は私の霊視ではなく亡くなった父の事をみて頂きました。


その方に父の名前、生年月日、命日を伝え、神様にお聞きすると
、なんと父はまだよい所まで上がれいないとの事でした。


何かと実家を気にかけ頻繁に顔を出していた私の名前を言いながら、ありがとう、ありがとうとは言っているのだそうですが、上に上がれていない原因は母にあるとの事でした。


どうやら父は母の事が大好きなので母を心配しさまよっていたようでした。


それにこの世に未練がものすごくあったようでした。


あとは喉がカラカラに乾いているしお腹もすいているという事でした。


それを聞いて、そういえば晩年ボケてしまっていた父は口癖のように「お母さん大好き、お母さん大好き」と言っていた事を思い出しました。

ボケて言っていたのではなく本当に大好きだったんですね。


母から聞いたのですが、つらいリハビリも長生きして孫の結婚やひ孫を見届けたいからと頑張っていたようです。


人工透析をしていた父は極端に水分制限をしなければならなかったのでいつも浴びるほどお水が飲みたいと言っては我慢をしていました。


私は冗談で、お父さんが死ぬってわかった時にたくさん飲ませてあげるよなんて言っていたのですがもうダメだという時にはお水を飲む力もありませんでした。


食事も摂られる状態ではなかったので随分長いこと空腹だったと思います。


そしてその方にどうしたら上がれるのか聞きました。


うちの宗派に合わせて教えて頂きました。


朝晩のお仏壇に向かってする挨拶の仕方、お仏飯の供え方(仏壇屋さんにきいた通りにやっていたのですが少し間違っていたみたいです)、お供えしてはいけないもの等々です。


そしてそれを教えて頂いた通りに約1か月間続け、上がれたかどうかをその方にみてもらいに行き、また神様にお聞きして頂き、ちゃんと行くべき所に上がれたと言われた時は涙が出ました。


やっと父が本当に楽になったのだと。


自分以外の霊視をしてもらったのはこの時が初めてでしたが大切な人の霊視をしてもらいよい方向に導く事もできるということをお伝えしたいです。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑