41歳男性続く災難原因を知る為知り合いの霊能者に霊視を頼んだ話

公開日: 

初めまして私は都内在住の男性です、私が霊視をしてもらったのは2013年の時でした、何故私が霊視をしてもらおうと思ったのかというと、この年はやたらと自身の身に悪い事が起こっていたからです。

例えば自転車に乗っていたら路地から出てきた自動車に轢かれたり、歩いていたら後ろから自転車に突っ込まれたり、はたまた朝激痛で目が覚めると指の骨が折れていたり、食事をした後に腹痛でのたうち回り救急車で病院に運ばれて検査した結果原因不明という診断をされたり‥という事が多々自身の身に起こっていたのです、ちなみにコレはほんの一部です。

このような事が起こり続けていましたので私は日常生活をまともに送る事が困難になり、このままでは身体がダメになってしまうと真剣に悩んでいました、そして私は知人に身に起こっている事を相談しました、すると知人はお前もしかして何か悪い霊とか憑いてるんじゃない?と言ってきました‥。

私は人に怨まれる事等の行いは一度もした事は無かったのですが、知人がもし良かったら知り合いの知り合いに霊能者として活動している人がいるからお願いしてあげるから視てもらいなよ、と言ってくれましたので私は余りにも自身に起こっている事の多さにウンザリしていたのでお願いする事にしました。

そして数日後霊能者の方が私の自宅にやって来ました、私はこちらから霊能者の方が指定した場所に出向くのとばかり思っていたのですが、霊能者の方の話では当事者の自宅で霊視するのが一番見えやすく感じやすいという事でした、私は数分間自身の身に起こっている様々な出来事を霊能者の方にお話すると、突然私にこう言ってきました‥あなたには3体の霊が憑いていて一体目は動物の霊です、二体目は守護霊です、三体目は水子ですと‥。

この時私は鳥肌が立ってしまいました‥何故なら私は以前犬と猫を飼っていたのです、ちなみにこの時は既に犬も猫も亡くなっていました、そして守護霊というのはおじいちゃんらしいです、そして水子の霊ですが‥私は以前20代前半の頃に当時お付き合いをしていた彼女との間に子供が出来てしまい卸した経験がありました‥、霊能者の方はこの水子が悪さをしていると思われますよ、と伝えてきました‥。

しかし‥10年以上も経っているのに何故今なんですか?と訪ねると、霊能者の方はこう言ってきました‥あなた一度も供養をしていないでしょ?この水子は長い年月をいつ供養してくれるのかとずっと待っていたんですよ、しかし一向に供養してくれる気配も無ければ水子の事すら忘れかけていたのが水子にとっては悲しくもあり怒りでもあるみたいです、と。

私は返す言葉がありませんでした‥そのとおりでしたから‥、その後私は霊能者の方に付き添ってもらい都内某所にあるお寺へと行き水子供養を行いました、そしてこの後私の身に悪い事は起こらなくなりました、最後になりますが霊というのは霊感の強い方にしか見る事や感じる事が出来ませんが、私は死んでこの世に身体は無くなっても魂は残り想いだったり伝えたい事はこういう形で伝えて来るんだな‥と心から思いました。

この経験を忘れないで今後の人生を行い良く生きて行きたいと思います、私と同じような体験で現在悩んでいる方は一度霊視をお願いして視てもらう事をオススメします、という事で私が霊視をしてもらった時のお話しをさせて頂きました、それでは。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑