44歳女、家鳴りが酷くてお坊さんに除霊をしてもらいました

公開日: 

数年前に家族4人で関東エリアにある住宅街に引っ越しをしてきました。

中古で販売されていた一軒家で、築8年ほどでしたが、前の持ち主が海外転勤を理由で売りに出したので比較的お得な値段で購入をしました。

駅から徒歩10分ほどの立地にあるだけでなく、大型スーパーや総合病院などもあるので住宅エリアとして優れていると考えて決めました。

家も丁寧に使われていたので傷が目立つところはほとんどありませんし、入居する前にクロスの張替えなどは行いました。

子供も自分の部屋が得られたので喜んでいましたし、洗濯を干すペースが広いので自分も嬉しさを感じていました。

入居してから快適な生活をしていましたが、1つだけ気になることがあり、それは家の中にいると時折バチっと大きな音がすることです。

友人に相談をしたら、それは家の建設資材である木材が湿気などで伸びたり縮んだりする音なので気にしなくていいよと言われました。

それを聞いて安心しましたが、それでもバチっという音があまりに大きいときもあるので不安になり、仲介をしてくれた不動産会社に相談をしました。

不動産会社のスタッフは、この住宅は木造では鉄筋ではないからそんなはずはないと言い出したので驚きました。

しかし家族がいると音は鳴りますが、なぜか他人が家にいると音が鳴ることはありません。

不動産会社には鳴りもしない音でクレームを言っているのではないかと思われるのも嫌だったので、それからは相談はしませんでした。

原因が何かわからないと不安に感じていたとき、霊感があるという有人が遊びにきてお祓いをしてもらったほうがいいよと言われました。

霊などは全く信じていませんでしたが、音が大きくなったり頻度が増えるにつれて不安が大きくなったので、除霊をしているお寺さんに依頼をしました。

自宅まで来てくれたお坊さんは、家そのものに悪いものがないけれど、このエリアに何か邪気のようなものがあるといってお祓いをしてくれました。

土地に根付いているものだという漠然とした話しかしてくれませんでしたし、ただ完全に除去をしたのではなく抑えることしかできないと言われたので不安は残っています。

もし経済的に余裕ができたら、できるだけ早く引越しをしたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑