33歳女が人生に悩み年収3千万の方のおススメ霊視を受けました

公開日: 

こんにちは、30代半ばの会社員です。

私はスピリチュアルが好きで、よく悩んでいる時には「霊視セッション」というものを受けていました。

そんな一つの体験談をお話したいと思います。

私がその霊能師さん(以下、Kさんとします)に出会ったのは、年収3000万円を稼ぎ出すとある営業マンの方のご紹介でした。

その営業マンの方は、定期的にKさんに診てもらっているとのこと。

1時間1万円という魅力的な価格も後押しして、早速私も診てもらうことにしたのです。

Kさんは、東京は「気が合わない」ということで、少し田舎のほうに住んでいました。

そこのカフェで落ち合い、簡単な自己紹介。

そして、Kさんはこう言いました。

「あなたの後ろにいるガイドや、先祖、前世が見えるのですが、霊視中は私の意識はなくなっているので、質問を聞くことができません。

この時間をリーディングというので、そのあとで色々質問をしてくださいね」と。

そして早速リーディング(霊視と同意)がはじまりました。

そこでは、「どうしてそんなことまでわかるの!?」というほど詳細な私の家族構成や性格、現在の仕事や向いている仕事などについてペラペラと、まるで何かの文章を読んでいるかのように彼女の口から出てきました。

(目線はどこか宙を見ているような感じ)私は当時「自分はこのまま営業職としてやっていけるのか」ということをとても悩んでいたのですが、それに対する答えというよりは「今世で私の魂が何を学び、何を使命としているのか」といったことを色々と教えてくれました。

つまり、人生の指針になるようなアドバイスを続々といただいたのです。

彼女から言われた一つのメッセージには「営業職でもいいのですが、この先あなたは本を出版したり、絵を描いたりしていきます。

後進国の海外とも縁があるので、そこで教育をする可能性もあるかもしれません」というものがありました。

当時の私は「そんなことあるはずない」と思ったのですが、あれから2年半たった今現在、なんとモノを書いたり絵を描いたりしながら暮らしているのです。

この不思議なシンクロに、驚くばかりです。

「霊視なんて信じない」という方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、私はとてもオススメします。

ただし、それは「1つの意見」であって、「必ずそういう未来がくる」というわけではありません。

ただ、背中を押してもらうツールの1つとして、活用すれば良いと思います。

長い人生、1度くらい興味本位でのぞいてみてもいいかもしれませんよ。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑