51才男 実家にでる幽霊を霊能者に霊視してもらった

公開日: 

50代前半の某機械系メーカーでエンジニアをしているものです。


私が30代のころに実の姉がガンで亡くなりました。


姉とは年が少し離れていて、母親が亡くなってからは母親がわりになろうとしていたように思えます。


私は結婚して実家を出て生活していました。


姉は未婚でしたので実家で暮らしていました。


その実家は祖母の代から苦労して手に入れた持ち家だったので姉も人一倍その家を守ろうと言う意識が強かったようです。


ところが、姉もガンが発見され発見されたときはすでに手の施しようがない状態でした。


亡くなるまでの間、遺品や家のことも話し合ったのですが脳に転移していたためだんだんと思うように話もできなっくなってしまい。

最後は子供のころにもどったようになりやすらかに亡くなりました。


それから数年後に実家をリホームして賃貸として貸し出すことにしました。


話は順調に進んでいったのですが、一つ問題がありました。


実家には大きな仏壇があったのですが、それは祖母が苦労して手に入れた物でした。


姉もそれを知っていたので仏壇を大事にしていました。


とりあえず賃貸として貸し出さない部屋をもうけてそこに移動させることにしました。


すぐに入居者も決まりひと安心していたのですが数日後、管理している不動産屋から電話がかかってきました。


なんと!幽霊がでるそうなのです。


夜になると物音がしたり、お風呂に入っていると鏡に人影が写ったりして入居者の方が怯えていると言うのです。


(その方も少し霊を感じやすい体質だったようです)

なんとかしてほしいとの話だったので、私の知り合いの霊能者の方に連絡をとりました。


その方は人づてでしか紹介してもらえない方で電話しても捕まらない事が多いらしくその時はあきらめて時期をかえるように言われているような方です。


しかし、その時はすぐに電話に出られて実家に行く日時もすぐに決めてくれました。


私は直感でそれは姉の霊ではないかと思っていたのですが、その方にも実家に行く前に聞いてみるとそうだろうと予想していました。


実家に到着してさっそく霊視してもらうと、以前仏壇が置いてあったところに女性が立っているとおっしゃいました。


どうも家に知らない人がきて、追い出そうとしているようです。


その方がおっしゃるには仏壇の魂抜きがなされていないから霊が帰る場所が無くなったと思いさまよっているとのことでした。


早速、お祓いをして仏壇の魂抜きをやってもらい、仏壇にあったお釈迦様の仏像を家に持って帰り、新しく仏壇を買って魂入れをしていただきました。


それからは実家に幽霊が出ることはなくなりました。


仏壇を移動しただけだから大丈夫だろうと思っていたのですが、魂抜きはちゃんとやっておいたほうがよいと思ったのと同時に最後まで家や仏壇を守ろうとする姉の深い愛情を感じました。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑