37歳女性彼氏いない歴=年齢が霊能者に背中を押してもらった話

公開日: 

・自己紹介 現在37歳既婚の女性です。

子供はまだいませんが、昨年末に結婚したばかりのいわゆる新婚です。


私は今の旦那さんに出会うまで正式におつきあいした男性がいませんでした。

そんな年齢=彼氏なしの私がいままでみてもらった霊能者の人についてお伝えしていきたいと思います。

・行動した経緯や時期
私は、小さいころから未知のものや知らないことに対してとても好奇心が強く冒険心のある腕白な女子でした。


占いや手相や人相、名前占い、タロットなどいわゆるスピリチュアルな物への興味や関心が強くなってきたのが、就職してからでした。

職場の人間関係や仕事で悩んだりすることがあり、失恋などを経て心の支えがなかった私は一気にそのような世界にのめりこんで行っていました。

私の傾向として、おままごとやお人形遊びなどはせず、男の子と一緒に木登りや喧嘩など男の子らしい女の子でした。


なので、男の子に対して恋愛感情を抱き始めるのは高校生の思春期ころからだったように思います。

しかも自己表現が下手で恋愛に関してはかなりの奥手でした。


それは成人してからもかわらずとうとう周りの同級生の結婚や出産を見聞きし始めてからやっと、自分の置かれている状況がいかに遅れているかということに気付く始末でした。


もちろん、頑張って婚活パーティーなるものも参加し明るい女子という感じでふるまっていましたが、どうもしっくりこず婚活疲れを起こしていました。


私は、知り合いに霊視できる人がいるということをきき連れて行ってもらいまし。

今まで出会った霊視の人は3人くらいです。

・その時の心情
特に印象的だったのは、「あなたに中で、なにかこうすっきりしない部分がある」と言われたことです。


また、恋愛や結婚を望んでいると伝えると、とにかくすぐにお参りに行きなさいといわれました。


特に失うものがなく身軽な私は、指示された通りに広島県の宮島へ旅立ちました。

そこは女性の神様が宿っており「みせん」という山に登りそこにある煙を全身に浴びてお参りしなさいというのを素直にすべて実行しました。


その時は必至で疑うこともせず、旅行に行けるからいいかーくらいの呑気でした。

・後悔していること
特に後悔していることはありませんが、私の場合は奥手すぎて誰かに背中を押してもらいたかったんだなと今あらためて思います。


私の場合は人から具体的に指示されると、本当にそのように叶うのでは?と思ってしまいます。

信じやすいのでしょうか。

それが霊能者であれだれであれ。


高価なつぼや大枚をはたいて騙されたと感じたことはありませんでした。

・みている人にアドバイスがあるとしたら
私のように奥手で誰かに背中を押してもらえると行動できる人は、すでに自分の心の中ではすでに決まっている人もいるのではないかなと思います。


なによりも、今の自分の考え方や環境から一歩外の世界へ踏み出すことが大事なんでしょう。

私もその霊視者のいわれるまで広島の宮島神社にいくことすら想像もしていませんでしたから。


結局、旅行から帰ってきた直後に自分から周りの人に「合コンがあればさそってほしい」と自分から出会いの機会を素直に求めることができていました。


これってすごい成長!だと自分で感激してしまいました。


幸いにも3回ほど一緒にデートした男性がいました。

結婚はしなかったけれど、やっとできた彼氏の存在は私に自信をつけてくれたことは言うまでもありません。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑