25歳男 腰痛がひど過ぎて、親戚の紹介で除霊をしてもらった

公開日: 

小学生の勉強を教えたり、夏休みに野外活動の引率にいく仕事をしている者です。

大学はラクロスをやっていて、体力にはとても自信があり新卒でいまの仕事を選びました。

入社してもう5年目になります。

教室の準備(机を運んでセッティングしたり、教材を用意したりする仕事)が普段は身体には何ともないのですが、去年の春から、腰が急に痛くなりました。

ある朝、起きれず付き合っていた相方に手を取ってもらってやっと起き上がれるくらいです。

その時は、ぎっくり腰をやってしまったのか、学生時代身体を動かしすぎたのが今たたったのかと冷や汗がでました。

病院に行くと、原因が明確にわからず、痛み止めと腰を安定させるサポーターをもらっただけでした。

症状はいっこうに良くならず、仕事は身体の負荷がなるべくかからない形で、休み休み行うことにしました。

欠勤はしないものの、周りからとっても気を遣ってもらい、そのとき、たくさんの優しさを感じたものの、この痛みが2か月経っても引かないので、さすがにもう早く治ってほしいと祈るような思いでした。

さすがに、夏が近づいていたので、何とかしなければならないということで、セカンドオピニオンを求めて、周りの人達に、色々と相談に乗ってもらいました。

板橋の筋肉治療をする医院にいったり、気孔を使う不思議な接骨院にも行きました。

教えてもらったところは、直感で行ってもいいかもというところには、なるべく行くようにしました。

すると、見てもらったその日は、楽になった気持ちがしました。

けれど、腰の痛みは数日するとまた戻ってきます。

そんなとき、母親と改めて話す機会がありました。

すると、親戚で同じように身体を痛めて色々と治療や施術をしたけれど治らなかったところ、除霊をしてもらったら、うそのように治ったというのです。

母親からその話を聞いたときは、耳を疑いましたが、腰の痛みが先行して藁をもつかむ想いで、その親戚に会うことにしました。

除霊をしてもらった方に会わせてもらったところ、キツネの霊がとりついているということで、除霊してもらいました。

その後、うそのように腰痛は良くなりました。

まだ、少し気になるのですが、前のように動かしても平気です。

霊の存在なんて、意識したことすらなかったので、新しい世界が広がった気持ちです。

二度ととりつかれないことを祈ります。

除霊・浄霊 霊のおはらい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑