33歳女性彼を振り向かせたくて占い師に除霊してもらった話

公開日: 

30代の専業主婦です。

東北の田舎で暮らしています。

地元では有名な占いの先生が除霊ができるということで、なぜか恋愛相談に行くとみんな除霊の契約もして帰ってくるというところでした。

わたしは占いに通い始めた当時はまだ20代で、とても恋愛の悩みを抱えていました。


付き合っている彼から連絡が途絶えてしまい、なんとか連絡をもらえないかと占いの先生のところに行き始めたのがきっかけです。

その答えはこうでした。

「彼との相性はあまりよくないし、結婚に結び付く可能性も低いけれど、どうしてもお付き合いしたいなら二人の間の障害を取り除かなければならない」と。

障害というのは霊障とやらで、般若心経を写経してお焚き上げをすれば現実が変わってくるからというのが先生の言い分でした。


とにかく彼となんとか仲良くなりたいという一心のわたしは二つ返事で「お願いします!」と飛びつきました。

その料金は月1万円。

安月給のわたしには結構負担でした。

しかも実家を出て一人暮らししていたので、家賃やその他支払いがあったからです。

時にはキャッシングして占い代やお焚き上げ代を出すこともありました。

毎月毎月除霊をしてもらうと、気持ちが前向きになるような気がしました。

彼からの連絡は実際には来ないのですが、なぜが大丈夫だと思えるようになるのです。

やがてわたしは地元を離れて他県に移り住むことになりましたが、わざわざ新幹線に乗って占いと除霊に通うことに。

出費はさらに増えてしまったのです。

そうなると毎月の暮らしがとても厳しく、もはや占いや除霊代が生活を圧迫してきました。

これはまずいなと思いつつも「除霊を続けないと彼との関係が上手く行かない」とすっかり洗脳されてしまっていたのです。

あるとき友だちに占いと除霊のことを話したら、なんとその人も占いにハマってしまい、二人でどんどんのめり込んでいきました。

しかしある日、わたしは違う占い師(占い館のような複数人の占い師のいるところ)に悩みを相談したら「除霊と称してお金を取られているだけ。

やめなさい。

それにもう彼のこと大して好きじゃないでしょう」と言われたのです。

除霊を始めて三年が経過していました。

その間彼からの連絡はなかったのです。

それでも毎月1万円を占い師に投資し続けていたのです。

全くバカな話。

くだらなくて涙が出ます。

みなさん、除霊などで両想いになるなんて話はありません。

好きな人がいるならきちんと告白して、連絡がこないならこちらから連絡して、それでも来ないなら脈はありません。

当たり前のことが見えなくなる占いや除霊依存。

お金の無駄です。

除霊・浄霊 霊のおはらい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑