36歳女、金縛りがひどくてまっぽしさんに除霊してもらった

公開日: 

私は三十代の女性です。

小さな頃からみんなが見えないものが見えてしまったり、不思議な体験をするということが多く、それは大人になっても変わりありませんでした。

家のなかには常に誰かがいるような気がしていましたし、金縛りは毎日なので寝不足にも悩まされていたのです。


仕事も寝不足でぼんやりとしていて失敗することが多くなり、このまま体を壊してしまうのではないかという恐怖を感じていたのですが、そんなときに知り合いに「まっぽしさん」に会いに行ったらと薦められたのです。

まっぽしさんとは霊視などが出来る、まっぽし(ばっちり、すべて)見えるという意味をもつ地域のお悩み相談というようなおばあちゃんで、とても凄腕ということでものは試しにと足を運ぶことにしました。

教えられた住所に行くと普通の家でしたが、中にはいると仏壇などがきれいに飾られています。

高齢の女性で、「どこから来たの?」と何度も訊ねられてとても有名なまっぽしさんというイメージはありませんでした。

友達と一緒に行ったのですが、金縛りやこの世のものではないものを見ることがあるという話が出来ないほど、世間話をされ、話をしているなかでも同じことを何度も聞かれました。

簡単にはお祓いなど出来ないのかと諦めていたのですが、最後にようやく「何か悩みでもあるの?」と聞かれ、私は金縛りや見たくないものが見えることを伝えました。


すると、笑顔で「怖かったね。

でもあなたはご先祖さまがついています」と言われ、お経を読んでもらいました。

おっとりした口調で話していたおばあちゃんですが、お経を唱え始めると人が変わったようになり、力強く、胸が痛くなるような感覚を覚えたのです。

お経を唱え終わると、「どこから来たの?」とさっきのおばあちゃんに戻っていました。

しかし、「疲れたね。

今日はぐっすりだよ」と笑顔で見送られらました。


私は毎日悩まされている金縛りや見たくないものが見える理由が知りたかったので、やや消化不良でしたが、その日は久しぶりに金縛りにあわなかったのです。

偶然かと思ったのですが、それから1ヶ月、一度も金縛りに遭わなかったため、もしかしてまっぽしさんは本物だったではないかと思うようになったのです。

一緒についてきてくれた友達に報告をすると、「やっぱりね」と嬉しそうでした。

友達はあのおばあちゃんが私にばかり話しかけているのを見て、一目見たときからまっぽしさんの力を信じていたようです。

確かに、まだ何も言っていないのにまっぽしさんは私から目を離しませんでした。

ちょっとでも疑ってしまったことを反省して、まっぽしさんから言われた「ご先祖さまに感謝する」ということを今も忘れずにいます。

除霊・浄霊 霊のおはらい方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑