30 代、女、高熱続きユタにみてもらった

公開日:  最終更新日:2019/08/31

私は沖縄生まれ、沖縄育ちの30代、女です。

沖縄には、昔から何かあったら、ユタに判断を取りに行きます。

昔から、何かあれば、医者半分ユタ半分と言われています。沖縄には、集落に2人、3人はいます。延べ何千人ものユタがいます。

中には、本当はユタではないのに、ユタだと名乗り、人をだまし高いお金を取る悪い人もいます。

本物のユタは良心的な金額しか取りません。本当にお金に、困っていたらお金を取らないで、判断をしてくれるユタもいます。

私が、ユタに判断してもらったのは、20代のときです。結婚をして、実家をでて新居に引っ越しする前です。

旦那さんの干支、私の干支、実家の方角から、吉方位をおしえてもらいました。無事引っ越しも終わり、楽しい新婚生活がおくっていました。

一年半後に、子供も生まれ、たのしい日々が始まると思っていました。産院から退院後のことです。赤ちゃんを眠せるときに、子守唄を歌っていたら、男の人の声で同じように。鼻歌が聴こえてくるのです。

昼間なので旦那はいません。気のせいかな?と思っていたのですが、それが数日続き、その後わたしが原因不明の高熱がでてしまいました。

1週間様子を見てみましたが熱は下がらず。これはもしかして、やはりこの部屋には何かがいる!と思い、実母とユタにいきました。

最初に引っ越しのときに判断してもらったユタは、高齢のため、別のユタのところへ。

高いお金をだして、家をお祓いしてもらったあとに気づいたのです。この方は偽物でした。

体調も良くならず熱も下がらず。祖父母が知り合いをあたり、本物のユタを探してくれました。

その方に、会いに行くと、なにも伝えてなかったのにか、大変だったね。住所を言うと神様に向かい何かを唱え始めました。

すると、私達が新居に選んだ物件は、以前病人の男が住んでいてその男の人は、病院で亡くなってはいたのですが、なんとベビーベットを置いてある部屋にまだ霊になっているというのです。

そう、鼻歌が聞こえてきたのはその男の幽霊だったのです。

ユタを家に呼びお祓いしてもらいました。その後、高熱も下がり体調も良くなり鼻歌も聞こえません。本物は少数しかいません。クチコミ大事だと思いました。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑