41歳男 母の死の後に金縛りがあって街で評判の霊媒師に霊視してもらった

公開日: 

私は、今年41歳になった会社員です。悲しいことに昨年母親を亡くしてしまいました。母との最後はとてもあっけなかったです。脳梗塞で倒れて入院母の介護をしていましたが、前日までは冗談を言い合えるほど、元気だったのです。しかし、翌日になると病院から緊急電話があり、母がなくなったことを知らされました。

母が亡くなってから、妙に金縛りになる事が多くなりました。母が亡くなって半年たっても、金縛りの頻度は増す一方です。そこで私はインターネットを活用して、よくあたると評判の良い霊媒師を見てもらうことにしました。実は、これまでは霊魂の存在は全く信用していなかったのですが、母が亡くなった直後からの金縛りなので、なんとなく霊魂の存在を信じ始めていました。

2019年の4月に霊媒師に見てもらうことにしました。この霊媒師はとても人気の霊媒師であるため、混雑しているとのことでした。インターネットでの予約ができたため、4月の半ばに見てもらう約束を取り付けました。

霊媒師に見てもらう時の気持ちは、金縛りの原因をはっきりさせたいということと、亡くなった母からのメッセージが聞けるかもしれないと言う期待感がありました。実際に見てもらうと、霊媒師は私の後ろに母の姿が見えると言いました。霊視時には霊媒師から母のメッセージを教えてもらえました。

私は心臓に持病を持っていて、心配で私のそばから離れられないとのことでした。そのことを聞くと、心のどこかで納得する事ができました。死後も、私のことを心配している母の心情を知ると思わず涙してしまいました。

その後、霊媒師のアドバイスにより、母の墓参りをすることにしました。お墓の前で手を合わせることで、気持ちをすっきりさせる事ができ、それ以来は金縛りに会うこともなくなりました。

後悔していることは、母が亡くなる前にもっと話をしておけばよかったと思いました。
この体験談を読んでいる人の中には、霊魂の世界を信じない人もいるかもしれません。しかし、近親者が亡くなってしまうと、霊の世界があるのではないかと信じる様になりました。もし、信じていない人も騙されたと思って霊媒師に見てもらうと新たな人生のスタートができるかもしれません。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑