40歳男、偶然、新宿のスピリチャルな方に霊視される

公開日: 

現在、アラ50の男性です。
霊視体験は40歳頃のことになります。

都庁に向かう新宿のガードで、最初は無料のヒーリング体験を受けていました。
手を体に当てて悪いところを良くするタイプの露店と言うか、椅子と看板を置いた場所でのヒーリングです。自分も「手当」という行為を信じる方なので抵抗なく体験していました。

ヒーラーの方にはスピリチャルなお仲間がおられるようで、通りかかった風合いで霊視をされているという方が現れ、ヒーラーの方にご挨拶してきました。
商売の気配もなく、私に対しても「お金を取るのでも無い、趣味で霊視させてくれ」とのことでした。
時間にも余裕があったのとその場でOKということ、霊視内容も「体の悪いところが見える」と言う無難な範囲?のことなので了承して見てもらいました。と言っても近くで私を眺めるだけだったのですが・・・結果「右顎のあたりに何かある」とのことでした。その部分がモワッとして見えるそうです。
歯科検診のレントゲン撮影で右上の親知らずが残ってやや歪んでいることは知っていたのでそのことかも知れない、とその場はそのまま終わりました。
その後も親知らずの痛みもなく放置して忘れていました。

その翌年の2月末に、ガムを噛んでいたら右上の奥歯が突然砕けました。
慌てて翌日都心の勤務先近くの歯医者で治療を受け応急の仮処置、親知らずが奥歯に食い込む形で成長してしまったようです。
その後も通院の予約を入れて治療が始まるはずでした・・・

そこで発生したのが3.11の未曽有の大災害「東日本大震災」、交通は止まり郊外の自宅から勤務先へ通えず、テレワークする日が続きました。
当然通院もストップ。その間、仮処置した保護材がとれかかったり、痛みが出ないかと、震災後の不安に加え一層不安な日々を送ったことを覚えています。
それまで医者にかかるのは自宅近くだったのにどうしてこの時に限ってと後悔したものです。

スピリチャルな占いのようなことでも振返ると意外にあたっていたり深く考えれば何か良い方向に代えられるのかもしれませんね。

本物の霊能者に気軽に霊視してもらう方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑